舞鶴市の周辺環境

五老スカイタワー

舞鶴のほぼ中心に位置し標高301mの高さを誇る五老岳。その頂上にそびえる高さ50mの展望タワー。
海抜325mの展望室からは美しく広がるリアス式海岸の舞鶴湾と舞鶴市内が一望でき、360度パノラマビューが楽しめます。
ここからの眺めは「近畿百景第1位」に選ばれており見ごたえ充分の景色です。

まいづる観光ネットより引用 –

田辺城資料館

田辺城は、天正10年(1582)の本能寺の変の後、隠居した細川幽斎が住む城として伊佐津川と高野川に囲まれた平野部に築かれました。
田辺城資料館では、細川幽斎をはじめ歴代の城主や田辺城290年の歴史と城下町の暮らしをパネルや模型で紹介しています。

舞鶴市 公式ホームページより引用 –

吉田のしだれ桜

京都府舞鶴市吉田地区にある桜。
樹齢300年といわれる古木と樹齢80年の二対の若木の桜で、観桜シーズンには桜が咲き乱れる。
勅勘をこうむり、丹後に配流となった公家の権中納言中院通勝卿の心をなぐさめるため、親しい友人が京都より苗木を送つたことに始まるといわれる。
Wikipedia 【吉田のしだれ桜】より引用 –

クレインブリッジ

第二次世界大戦の終戦後に引き揚げの拠点となった舞鶴平湾に架けられた鋼製の白い斜張橋である。
1999年(平成11年)5月開通。全長735m、水面から主塔頂部までの高さ約95m、ケーブルはファン型で、最大支間長350mは日本海側では富山県の新湊大橋に次ぐ規模のものである。
2羽の鶴をイメージして設計されたもので、主塔は鶴のくちばしを、ケーブルは羽をイメージして造られ、英語で「鶴の橋」を意味する「クレインブリッジ」と名付けられた。
Wikipedia 【舞鶴クレインブリッジ】より引用 –

赤レンガパーク

舞鶴市には、1901年(明治34年)の旧海軍舞鶴鎮守府の開庁に伴い、明治期から大正期にかけて建設された赤れんが建造物が数多く残っています。
なかでも全部で12棟からなる北吸地区の「赤れんが倉庫群」は、うち8棟が国の重要文化財に指定されているほか、平成24年には「舞鶴赤れんがパーク」としてグランドオープンしました。
舞鶴赤レンガパーク ホームページより引用 –

金剛院

金剛院は高岳親王によって平安時代初頭に開かれ、白河天皇が中興したと伝えられており、重要文化財の三重の塔をはじめ多くの文化財を収蔵しています。
中でも、深沙大将立像は鎌倉時代の名仏師快慶の代表的な名品です。
関西花の寺3番札所。宝物殿の拝観は事前にお申し込みください。

まいづる観光ネットより引用 –

新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みについて

当ホテルでは、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、お客様・従業員の安全・安心な環境を守るための取り組みを行っております。
取り組み内容の詳細は、下記のページをご覧ください。

2021年11月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

アーカイブ